対人関係のスキル

人づきあいで疲れる時は、他人へのコントロールを手放そう

他人へのコントロールを手放す 敏感でよく空気を読む人は、周囲の調和のために皆に気を使って、他人をフォローしたり、良い空気をコントロールするのが上手です。こうした気遣いやフォローが出来ることは素晴らしい才能の一つですが、行き過ぎると自...
セルフケア

他人に振り回されやすい人は自分軸を意識してみよう

自分軸と他人軸 「他人に振り回されやすい」「周りに影響を受けやすい」「すぐに動揺してしまう」「嫌だけど我慢して周りに合わせてしまう」といったような傾向を持っている人は、普段の考え方の軸が「他人側」に偏っているかもしれません。周囲りや...
アクセプタンス

不安を減らすコツ~回避をやめると楽になる

回避行動は不安を高める 回避行動とは、自分にとって不快な感情、感覚から逃れるためにとる行動です。不安に振り回される人は「不安を感じないために」回避行動を繰り返していることがよくあります。その回避行動によって、不安は悪化してしまいます...
こころとからだ

グラウンディングで心を落ち着ける

心と体のバランスを安定させるグラウンディング グラウンディングのエクササイズは身体感覚を感じながら警戒状態を解き、心を落ち着けていくエクササイズです。考え事や不安でそわそわする時や、焦燥感で落ち着かない時、過去の記憶に囚われてつらい...
こころとからだ

考えに囚われてしまい、つらいとき

なぜ思考に囚われてしまうのか? もうネガティブなことを考えるのはやめたい・・・と思っても、気がつくとまたいつの間にか嫌なことを考えていて、ネガティブな感情が起こってしまう。つらくなっても「もう考えるのをやめたいのに考えてしまう…」と...
アクセプタンス

アクセプタンスすると楽になる

アクセプタンス(受容)する 「自分が感じること」に罪悪感を持っている人は多くいます。「前向きに考えよう」「ポジティブな方がいい」と周囲の人や社会から学んで育ち、頭では分かっているのにネガティブになってしまうことに罪悪感を持ち、「こん...
セルフケア

反応と自分を分けて考える

反応と自分を分ける マインドフルに自分を観ていくとき、反応と自分を分けて考えます。 反応と自分を分けるというのは、強い不安や感情、身体の感覚などの起こってくる反応と、観察している自分自身とを分けるということです。 例えば...
こころとからだ

考えが止まらずつらい時…マインドシャッフルでリラックスする

認知シャッフルでリラックス マインドシャッフルとはカナダのサイモン・フレーザー大学の認知科学者リュック・ボードウィン博士が考案した有名な睡眠誘導方法です。活性化して興奮している脳をランダムな言葉とイメージを繰り返すことで、「スイッチ...
認知行動療法

認知の歪みをチェックしよう

認知の歪みをチェックしよう 認知の歪みは認知バイアスともいわれます。強い思い込みのフィルターとなり、ありのままの現実世界をきちんと知覚できなかったり、考え方が偏ることで事実を見えなくし、適切な判断ができなくなります。典型的な認知の歪...
セルフケア

感情=事実ではない

感情の道ではなく事実の道へ 感じる感情=真実・事実であると考えてしまうのは認知の歪みのひとつですが、こういった捉え方考え方をしていると、「恐怖を感じたら、その対象は危険なものである」と認識してしまう自動思考を生み出します。 感...
セルフケア

他人に振り回されやすい人は自分軸を意識してみよう

自分軸と他人軸 「他人に振り回されやすい」「周りに影響を受けやすい」「すぐに動揺してしまう」「嫌だけど我慢して周りに合わせてしまう」といったような傾向を持っている人は、普段の考え方の軸が「他人側」に偏っているかもしれません。周囲りや...
こころとからだ

グラウンディングで心を落ち着ける

心と体のバランスを安定させるグラウンディング グラウンディングのエクササイズは身体感覚を感じながら警戒状態を解き、心を落ち着けていくエクササイズです。考え事や不安でそわそわする時や、焦燥感で落ち着かない時、過去の記憶に囚われてつらい...
こころとからだ

考えに囚われてしまい、つらいとき

なぜ思考に囚われてしまうのか? もうネガティブなことを考えるのはやめたい・・・と思っても、気がつくとまたいつの間にか嫌なことを考えていて、ネガティブな感情が起こってしまう。つらくなっても「もう考えるのをやめたいのに考えてしまう…」と...
セルフケア

反応と自分を分けて考える

反応と自分を分ける マインドフルに自分を観ていくとき、反応と自分を分けて考えます。 反応と自分を分けるというのは、強い不安や感情、身体の感覚などの起こってくる反応と、観察している自分自身とを分けるということです。 例えば...
こころとからだ

考えが止まらずつらい時…マインドシャッフルでリラックスする

認知シャッフルでリラックス マインドシャッフルとはカナダのサイモン・フレーザー大学の認知科学者リュック・ボードウィン博士が考案した有名な睡眠誘導方法です。活性化して興奮している脳をランダムな言葉とイメージを繰り返すことで、「スイッチ...
セルフケア

感情=事実ではない

感情の道ではなく事実の道へ 感じる感情=真実・事実であると考えてしまうのは認知の歪みのひとつですが、こういった捉え方考え方をしていると、「恐怖を感じたら、その対象は危険なものである」と認識してしまう自動思考を生み出します。 感...
セルフケア

人づきあいのストレスを減らす境界線の設定

境界線の設定 境界線の設定とは自分と他人を分ける境界線を意識してしっかり引くことです。 人づきあいの境界線とは? 境界線はなにかとなにかの境目になる線のことです。国境線、県境、敷地の境界なども境界線です。もともと大地には...
セルフケア

リラックス回路を活性化する

交感神経と副交感神経 緊張状態や不安が長く続いていると、「リラックスできない」「十分に休むことが出来ない」状態になることがあります。すると慢性的にいつも警戒して緊張しているため、すぐに疲れてしまったり、生活することがしんどく感じられ...
セルフケア

恐怖や体の反応が強い時

恐怖や体の反応が強い時の対処法 自分に意識を向けて、自分の感覚や感情に気づいてつながってくのはとても大切な作業です。 けれど、恐怖が強い時や、体の反応が強い(心臓がバクバクいっている!緊張して体が震える!など)時は、自分に意識...
セルフケア

HSPと感覚過敏 つらい時の対処法

HSPと感覚過敏 敏感な人の中には、メンタルな敏感さの他に、光や音などにたいして感受性が強く、感覚の刺激そのものに苦痛を感じる人がいます。そのような状態を感覚過敏と言います。感覚過敏は、周囲で起こる音や光、匂い、味、触れる感覚など外...
セルフケア

反応と自分を分けて考える

反応と自分を分ける マインドフルに自分を観ていくとき、反応と自分を分けて考えます。 反応と自分を分けるというのは、強い不安や感情、身体の感覚などの起こってくる反応と、観察している自分自身とを分けるということです。 例えば...
マインドフルネス

マインドフルに観る

マインドフルに観て抜け出す 普段の私たちは感情や思考は=自分であるという様に 感情や思考と自分を融合(同一化)しています。 「もう私はダメだ」「怖い、つらい」と感じている時、他の可能性は無いように感じ、どうしようもなく感じます...
セルフケア

扁桃体と恐怖

扁桃体とセロトニン 脳のセンサーである扁桃体が脅威を感じたり危険を察知すると、不安や恐怖を起こします。 そしてセロトニンは扁桃体の活動を抑えたり、調整する働きがあり、扁桃体が過剰に恐怖を起こすことを防いでくれます。 この...
マインドフルネス

書きながらマインドフルになるワーク

書きながらマインドフルになるワーク ストレスやネガティブな考えや感情を感じた時、つらい時に、書きながらマインドフルになるワークをしてみましょう。ノートとペンを用意して、一人で落ち着ける場所を選び、楽な姿勢で座り、書きながらワークして...
マインドフルネス

マインドフルネスで心を落ち着ける

マインドフルネス マインドフルネスとは今この瞬間に完全に在って起こっていることすべてに気づいている、観察している意識にあることをいいます。 気づいていない状態にあるときは無意識で、色々な行動や考え感情が習慣としてパターン化され...
タイトルとURLをコピーしました