人づきあいで疲れる時は、他人へのコントロールを手放そう

対人関係のスキル

他人へのコントロールを手放す

敏感でよく空気を読む人は、周囲の調和のために皆に気を使って、他人をフォローしたり、良い空気をコントロールするのが上手です。こうした気遣いやフォローが出来ることは素晴らしい才能の一つですが、行き過ぎると自分がボロボロに疲れ果てていても他人の世話ばかり焼いたり、他人を「自分の思い通りに」持っていこうとする傾向があります。

調子が悪い時は周囲をコントロールしようとしている時?

敏感な人が人づきあいで「なんだかすごく疲れる」「最近ストレス度が高くてしんどい」「行き詰っているように感じる」という風に疲れ果ててしまう時は、

自分の事だけでなく、周囲を思い通り(理想)にコントロールしようと一生懸命になっていないか?

振り返ってチェックしてみましょう。

優しさと調整役

繊細で空気を良く読める人は、他人の気分の変動や感情の動きも敏感に察します。誰かが落ち込んでいたり、傷ついていたりすると、すぐに察することが出来るため、「なんとかフォローしてあげよう」と優しい言葉を掛けたり、場の空気が和む様に話題を変えたり、「調整役」になることがよくあります。

これは長所でもあり、能力の一つですが、ある程度は自分と他人の線引きをしておかないと、良かれと思ってやっていることが空回りしたり、他人の領域に侵入しすぎて相手にとっては「おせっかい」に感じることもあります。

また、空気を読んで他人の気持ちを慮っているつもりでも、実は自分の「不安」が反映されていることもよくあります。周りの皆は大して気にしていないのに、自分だけが「これで傷つくのではないか」とハラハラと気を使い、フォローし、その場を理想の状態にコントロールしようとすることで空回りし、周りからは大して感謝されず、一人で疲れ果ててしまいます。

自分が感じていることはあくまで自分の感覚

どんなに空気を読むのが上手なひとでも、100%他人の心が読める訳ではありません

自分が感じる事=他人が今感じていること という風に思い込んでしまうと、ズレが生じてきます。

すると、ありがた迷惑なおせっかいだったり、一生懸命世話したつもりなのに「感謝されない」と不満を感じることも出てきます。コミュニケーションには、確認のやり取りがどうしても必要です。

普段、他人の感情や気分に敏感で空気を読むのが上手な人は、そのやり方に自信があるために「聞いたり確認しないで、勝手に思い込んでいる」ことがよくあるのです。

自分が感じる事と、相手の本当の気持ちはきちんと線を引く必要があります。暗黙のやり取りは疲れますし、どうしてもズレが生じます。きちんと線を引く方が、お互いにとってストレスが少なく済むのです。

自分が助けなきゃ、と使命感を感じている?

周りで不調和を感じる時に「自分がフォローしてあげなきゃ」「助けてあげなきゃ」と感じる人は、子どもの頃から「調整役」になることが多かったかもしれません。

空気を読むだけでなく調整役として常に行動するので、エネルギーを消耗してとても疲れます。もちろん、その場を和ませるのに一役買うこともたくさんありますが、行き過ぎると自分を疲弊させてしまいます。

敏感に察する気質は変えることが出来ませんし、「空気を読まない様にしよう」「気分を察しない様にしよう」とすることは難しいですね。けれど察しても、「慌ててフォローに動かない」「今は調整役はお休み」「コントロールしようとしない」という選択は自分でとることが出来ます。

「自分がなんとかしなくても、相手は自分でなんとかできる」と線を引いて、手を出し過ぎないようにすることは、自分を守るだけでなく、相手を信頼することでもあります。

少し冷たく感じるかもしれませんが、日常のほんの些細な場面で試してみて下さい。自分がいない時は、皆それぞれでやっていて大丈夫なのですから。

不調和をアクセプタンス(受容)する

空気を読んだり他人の気分を察して、不調和を解消する行動は、本来持っている繊細な優しさが生きる場面でもあります。けれど、その後どっと疲れたり、人づきあいにストレスを感じている場合は、もしかしたら自分が感じる「気まずさ」や「嫌な空気」を解消しようと衝動的に行動しているのではないか?と振り返ってみて下さい。

こういった、自分の中にある「気まずさ」や「嫌な空気」を感じるたびに、それから逃れようと衝動的に行動して解消していると、自分の内側で感じる感覚を怖れるようになります。

気まずさや嫌な空気を感じてもいい

嫌な空気を解消する行動を繰り返いしていると、「気まずさ」は感じてはならないもの、「嫌な空気」はすぐ解消しなくてはならない、という思い込みを強めてしまいます。思い込みが強くなるほど、不快な感覚を解消しようとする行動も増え、周囲や周りをコントールしなくてはならなくなります。

この一連の動きはとてもエネルギーを消耗して疲れるものです。

すると、日常で「気まずさ」や「フォローしなきゃ」が生じる人づきあいはとても疲れるものとなり、強いストレスに感じ始めます。

内側で起こることを受け容れてみる

「気まずさ」を感じても、「それがあってもいい」と受け容れられるようになると、慌ててフォローしたり、解消する行動をとる必要がなくなります。自分の内側で感じる事は、あくまで自分の感覚として受け容れて処理していくと、周囲への衝動的な行動やコントロールが減り、エネルギーの消耗も減るので、人づきあいの疲れが軽減していくのです。

周りに気を使って「皆を何とかしなきゃならない」「フォローしてあげなきゃならない」と疲れを感じている時は、自分の理想を押し付けてコントロールしようとしていないか、気をつけてみましょう。

  • 自分の不安を解消するためではないか?
  • 相手の気持ちを本当に理解しようとコミュニケーションしているか?
  • 良かれと思って他人をコントロールしようとしていないか?

自分の中で感じられる不快感を「不快に感じるけれど、そういう感じがあってもいい」とある程度抱えていられるようになると、他人をコントロールしようとする衝動が減っていきます。

内側の感覚をアクセプタンス出来てくると、不思議と周りの人や空気にも「気まずさ」や「嫌な空気」を以前ほど感じ取らなくなってきます。

©2021 ADOR(心理セラピスト/公認心理師・宮沢みか)

リラクゼーションの無料チュートリアル - 【敏感な人】不安や緊張を解消し心を落ち着けるセルフケア・スキル
簡単ですぐにできる、敏感・繊細な人のためのストレスや不安を癒す心のメンテナンスの方法を公認心理師から学ぶ - 無料コース
タイトルとURLをコピーしました